青色申告とは?白色申告との違いや申告方法、メリットを解説!


青色申告と白色申告の違い

確定申告には青色申告と白色申告の2通りの方法があります。青色申告は複式簿記による記帳を行う納税者に対して特典が与えられる制度です。白色申告は青色申告と違い、開業してから何も申請しなければ白色申告扱いになります。複式簿記をつけなくて良いので、簡単な簿記で大丈夫です。

青色申告するためには

青色申告者になるためには、所得税の青色申告承認申請書に必要事項を記入します。税務署で書くか、国税庁のサイトにあるPDFファイルをダウンロードし自宅で書いて、税務署に提出する2通りのやり方があります。書き終えたら税務署に提出して承認を受けなければ、青色申告者として申告できません。1月15日以前に新規開業をした場合は承認を受けようとする年の3月15日まで、1月16日以降に開業した場合は業務を始めた日から2カ月以内に税務署に提出します。白色申告から青色申告へ切り替える場合は承認を受けようとする月の3月15日までに提出します。税務署は申請に基づいて審査を行います。申請した年の12月31日までに税務署から通知がなければ、申請が通ったことになります。

青色申告のメリット!

青色申告は白色申告にないメリットがあります。1つめは、1年間で最大65万円を所得額から控除できます。2つめは、純損失の繰り越し控除及び繰戻し還付ができます。前年に赤字があった場合は、今年の黒字から赤字を差し引くことができます。1年目の所得が黒字で税金を支払い2年目は赤字となった場合、昨年納付した所得税のうち赤字の所得税が還付されます。

青色申告は白色申告と比べて提出書類が多いですが、家族に支払った給与も経費にできるというメリットがあります。

自営業の始め方としてまずは行っておきたいことは何か


市場調査を行うことから始める

今の世の中が不景気ですので、自営業を始める場合にもなんの計画もなしに勢いだけで行ってしまうと失敗する可能性があります。失敗する人の共通点として一つ挙げられるのは、情報不足です。これから自営業を始める場合には、事前に市場がどのようになっているかの情報を把握すればおのずと失敗を避けることができます。
情報を調べるためには情報を収集してくれる会社に依頼してもよいですが、最初にそのような資金がなければ自分の足で調べてみることが重要になります。自分で調べるためには、まず周辺地域がどのようになっているか歩いてみましょう。特にお店を出す場合や会員制ビジネスなどでお客さんを獲得する場合には、周辺地域の情報がとても大事になります。

ポイント押さえることが大事

実際に実地調査を行うとすれば、いったいどれぐらいの範囲を調べればよいかは気になるところですが、これはどのような商売をするかによって異なります。例えば物販の仕事だとすれば、コンビニエンスストアを開くのかそれとも雑貨屋を開くのかによっても異なります。コンビニエンスストアの場合には、たまたま通りがかりのお客さんも多いですので可能なかぎり大通りにお店を出すことが必要です。もしライバル店が近くにあったとしても、フランチャイズ店ならば知名度の高い方が勝つ可能性が高いですので敢えて知名度が高いフランチャイザーを選ぶ必要があるでしょう。
逆に雑貨屋の場合には、それほど目立たなくてもライバル店が少なく落ち着いた雰囲気の場所が重要になります。

フランチャイズとは商標を利用したり営業のノウハウを教えてもらえる代わりに、ロイヤルティーを支払うという事業形態です。

理想の賃貸オフィスはどうすれば見つかる?探し方を知ってから行動しよう


立地と住所を考えよう

起業をするときに低コストで利用できるのがレンタルオフィスです。これは建物をそのまま借りるのではなく一室を借りるだけなので非常に安い金額で利用できるのが強みです。ただし各レンタルオフィスにより立地が違っているので入念に選定をしないといけません。対外的にどう影響するのかを考えるのもビジネスを成功させる方法の1つです。たとえばオフィスは通いやすい場所にあるのかを想定して探すと通勤も楽になる環境を作れます。
またアクセスが悪いと取引先の方が訪問したときに移動をしにくいので使いづらいのがデメリットです。なるべく駅の近くにある場所が便利なので検討してみるといいでしょう。一番良いのが取引先の近くにオフィスを持つことと言えます。提携できる業者やBtoBがしやすい場所に設置しておくとお互いにやり取りをしやすくなるので便利です。
アドレスも大事で名刺やホームページに住所を記載するときに一等地を設定しておけばイメージアップになるため必見です。レンタルオフィスの場合は一等地であっても低コストでレンタルできるので安心といえます。

設備や料金も考慮する

あると便利なものといえば会議室です。他のレンタルオフィスを利用している人と使うことになるので頻繁に会議をするのなら埋まりやすい日や料金を調べておくといいでしょう。入居企業が少ない間はほぼ自由に使えますが増えると使いづらくなってしまうので予約のルールも調べます。
料金はできるだけ安い場所が良いので他のレンタルオフィスの利用料金と会議室の料金を総合計して比べると良いです。

福岡の賃貸事務所を探しているなら、あらかじめ希望のエリアや沿線を明確にしておきましょう。理想的な物件を効率よく見つけることができます。