個人情報を守りたい!インターネット上でのプライバシー


SNSには気をつけよう

インターネットを楽しみたいと考えた場合に、SNSを開始する方も多いでしょう。たしかに、SNSは日本だけではなく世界中の方を相手にコミュニケーションができるようになるため、インターネットの特性を活かした楽しみ方だといえます。
しかし、使い方を間違えると、個人情報というプライバシーがだだ漏れになってしまうので気をつけなければいけません。一度、個人情報が漏れてしまうと、デジタルデータは簡単にコピーができるため、収拾が付かなくなる可能性があります。

個人を特定されないようにするのが大事

実名を利用しなければ登録できないSNSもありますが、匿名で気軽におこなえるSNSも存在しています。実名のほうは自分で名前を出しているので、ある程度のリスクは承知しているでしょう。しかし、匿名のほうは個人情報がばれると考えずに行動している方も多いはずです。
しかし、写真を掲載したり所属する団体の活動を載せたりすると、個人が特定されやすくなるので注意が必要です。顔写真や団体名を掲載しなくても、何となく分かる情報はたくさんあるため、プライバシーを守りたい方は安易に載せないことをおすすめします。

悪い意味で注目されないことが大切

SNSを使っていると、悪い意味で注目されてしまう炎上という状態になる可能性があります。炎上してしまうと、多数の方が個人情報を暴こうとするので、名前や住所などを特定されてしまうケースもあるでしょう。
ただし、炎上は常識的な行動をおこなっていれば、避けられるケースがほとんどです。もしも、炎上を不安に思うのなら、投稿する前に写真や文章をきちんと何度もチェックしましょう。

機密文書とは、「外部に漏えいすると、関係者に不利益が生じる文書」です。影響度により、秘密保全の必要性が高い「極秘」、極秘につぐ「秘」、外部に公開することで不利益を被る「社外秘」の三ランクあります。

地球の環境に配慮した生活をしてお得に過ごす


太陽光発電でエコ生活

少し前から地球温暖化の話題が多くなっていて、実際に毎年のように異常気象の話題がテレビで報道されています。地球温暖化が進んでいる証拠と言えるでしょう。この時代は地球に優しい生活をみんなが心がけることが大切です。いかにエコな生活を心がけることができるか、人々が同じ気持ちで生活すれば小さなエコな生活が大きなものへと変わります。その一つが太陽光発電の導入です。費用がそれなりに初期の段階でかかるので躊躇する人もいるかもしれません。しかし、長い目で見ると太陽光発電の導入は地球に優しいだけでなく、太陽光発電を導入した家庭にとってもお得な部分がかなり出てきます。賢く地球温暖化を防いでいくイメージでしょう。

導入におけるメリットは

自宅に太陽光発電を導入すれば、いろいろなメリットが出てきます。最も大きいのは自宅で電力を作り出すことができる点です。ですから、自宅で使う電力は自分で作れるため、電気代を大幅に節約できるようになります。特に夏場と冬場は通常の月に比べると電力は二倍ぐらいかかります。その電力を自宅で作り出すことができるのでかなり電気代を節約できるでしょう。さらに、自宅で使った電力に余りがあれば、余った電力は電力会社に売れます。これを売電と言いますが、収入を得るわけですから電力が貯まっていくのを見ているだけでも楽しくなるでしょう。初期費用はかかっても、これだけのメリットがありますので、導入を検討している人は一日でも早く導入しましょう。

国や地方自治体の補助金、売電収入や今後削減できる光熱費などを逆算して決まるのが太陽光発電の価格です