自営業の始め方としてまずは行っておきたいことは何か


市場調査を行うことから始める

今の世の中が不景気ですので、自営業を始める場合にもなんの計画もなしに勢いだけで行ってしまうと失敗する可能性があります。失敗する人の共通点として一つ挙げられるのは、情報不足です。これから自営業を始める場合には、事前に市場がどのようになっているかの情報を把握すればおのずと失敗を避けることができます。
情報を調べるためには情報を収集してくれる会社に依頼してもよいですが、最初にそのような資金がなければ自分の足で調べてみることが重要になります。自分で調べるためには、まず周辺地域がどのようになっているか歩いてみましょう。特にお店を出す場合や会員制ビジネスなどでお客さんを獲得する場合には、周辺地域の情報がとても大事になります。

ポイント押さえることが大事

実際に実地調査を行うとすれば、いったいどれぐらいの範囲を調べればよいかは気になるところですが、これはどのような商売をするかによって異なります。例えば物販の仕事だとすれば、コンビニエンスストアを開くのかそれとも雑貨屋を開くのかによっても異なります。コンビニエンスストアの場合には、たまたま通りがかりのお客さんも多いですので可能なかぎり大通りにお店を出すことが必要です。もしライバル店が近くにあったとしても、フランチャイズ店ならば知名度の高い方が勝つ可能性が高いですので敢えて知名度が高いフランチャイザーを選ぶ必要があるでしょう。
逆に雑貨屋の場合には、それほど目立たなくてもライバル店が少なく落ち着いた雰囲気の場所が重要になります。

フランチャイズとは商標を利用したり営業のノウハウを教えてもらえる代わりに、ロイヤルティーを支払うという事業形態です。