青色申告とは?白色申告との違いや申告方法、メリットを解説!


青色申告と白色申告の違い

確定申告には青色申告と白色申告の2通りの方法があります。青色申告は複式簿記による記帳を行う納税者に対して特典が与えられる制度です。白色申告は青色申告と違い、開業してから何も申請しなければ白色申告扱いになります。複式簿記をつけなくて良いので、簡単な簿記で大丈夫です。

青色申告するためには

青色申告者になるためには、所得税の青色申告承認申請書に必要事項を記入します。税務署で書くか、国税庁のサイトにあるPDFファイルをダウンロードし自宅で書いて、税務署に提出する2通りのやり方があります。書き終えたら税務署に提出して承認を受けなければ、青色申告者として申告できません。
1月15日以前に新規開業をした場合は承認を受けようとする年の3月15日まで、1月16日以降に開業した場合は業務を始めた日から2カ月以内に税務署に提出します。
白色申告から青色申告へ切り替える場合は承認を受けようとする月の3月15日までに提出します。税務署は申請に基づいて審査を行います。申請した年の12月31日までに税務署から通知がなければ、申請が通ったことになります。

青色申告のメリット!

青色申告は白色申告にないメリットがあります。1つめは、1年間で最大65万円を所得額から控除できます。2つめは、純損失の繰り越し控除及び繰戻し還付ができます。前年に赤字があった場合は、今年の黒字から赤字を差し引くことができます。1年目の所得が黒字で税金を支払い2年目は赤字となった場合、昨年納付した所得税のうち赤字の所得税が還付されます。

青色申告は白色申告と比べて提出書類が多いですが、家族に支払った給与も経費にできるというメリットがあります。