インテリアに合わせたデザインを作る!お洒落な電気製品も作れます


照明器具を壁に埋め込む事も簡単です

店舗の雰囲気をお洒落にしたくて、インテリアのデザインを大きく変更する計画を立てる際には、照明器具などを自作してみてください。

飲食店などのインテリアのデザインに合わせて、照明器具の形を少し変えてみるだけでも、店内の雰囲気を全体的にお洒落にする事ができます。

どのような照明器具を設置するか迷った際には、埋め込み型の照明器具を自作する事でも、インテリアに統一感を出す事が可能です。

電気製品を自作する事によって、壁に埋め込むタイプの照明器具も作り出す事ができて、横側から照らし付ける明かりで店内が明るくなります。

壁に埋め込むための照明器具を自作する際には、高い熱が内部にこもってしまったり、ホコリが入り込みにくい構造になるよう注意をしてください。

表面処理にもこだわりを持つ

お洒落な電気製品を自作する事によって、インテリアの美しさで多くの方々を感動させたいと考えるのであれば、電気製品の表面処理にもこだわりを持ってください。

カラーリングにこだわるだけでなく、メッキ加工やアルマイト処理などを施す事によって、電気製品の見た目を更に美しくする事ができます。

シルクスクリーン印刷などを行っても、総合的なコストが大きく膨らんでしまう心配もないので、見た目が美しい電気製品を自作するのは難しい事ではありません。

ただし電気製品のカバーだけを取り外して、カラーリングができる設計にしておかなければ、電子部品に塗料をかける事になりかねないので注意が必要です。

プリント基板設計とは、コンピュータや各種電子機器を動かすために使われる電子部品や集積回路を配置するための基板の設計のことです。