引越の片づけをする時のポイント2つを紹介


分別しながら段ボールに荷物を入れる

引越の片付け作業の1つには、荷物の整理があります。新しい住居に引越すために今住んでいる部屋にある荷物を整理して段ボールに入れていくのが基本的な流れです。この時に深く意識せずに段ボールに荷物を入れるのではなくて、分別しながら入れるようにしましょう。例えば割れ物とそうでないものを分けたり、食器類と服を分別しなりしながら段ボールに荷物を入れるようにします。そうする事で、取りだす時に取りやすい状況になるので後が楽ですよね。

また、段ボールにはそれぞれ何を入れたのかをマジックなどを使用して記載しておくようにします。特に割れ物が入っている場合は、割れ物を記載しておく事で持ち運ぶ時に注意して慎重に持ち運ぶ事ができます。

部屋の掃除は早めに行おう

引越しの片付けで一番時間が必要になるのは、部屋の掃除です。日頃から部屋の掃除をしていない人は、特に汚れが蓄積されていて掃除だけでもかなりの時間を費やすことになります。また、日頃から部屋の掃除をしている人でも、家具や家電の下やキッチンの隅、さらに換気扇などが汚れている事が多くすぐに掃除が完了する状況でない事が多いです。そこで、引越当日の1週間前から部屋の掃除をして引越当日に掃除で苦労しないようにしましょう。

もし、引越当日になっても部屋の掃除が完了していないと、他の作業が遅れて新しい住居に引っ越すのがかなり遅れてしまうことがあります。そうなると引越によるストレスも溜まるので、早めに掃除をして余裕を持って引越当日を迎えるようにします。

不用品の回収は、自治体だけでなく民間の専門業者も受け付けており、法人だけでなく一般家庭の粗大ごみもスムーズに処分することができます。